物理で確実に点数を取りたい人必見の参考書!&その使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理系の人にとっては俺は数学ができないから物理・化学で点数を稼ぐんだ!

なんて人も少なくはないでしょう。実際僕もそうで、二次試験の結果を見るときちんと物理・化学が7割強とれていて無事合格しました。

その物理の必勝法について今回は皆さんにお伝えしていきたいと思います。

物理のおすすめの参考書

まず僕が使っていた参考書なんですが ↓クリックorタップすると商品リンクに飛びます↓

この河合塾シリーズです!河合塾に通ったこともなければ河合塾の者でもないので安心してください(笑)

簡単にこの参考書の説明しますと、

物理のエッセンスが教科書的な役割をしているんですが、実際に問題を解く際のテクニックが書かれていたりして、普通の学校で配られる教科書より受験に特化しているといえます。受験で必要ないところは省いて、重要なところは深く書かれているのでめちゃめちゃに薄いので効率よく勉強もできます。

名門の森については

かなりレベルの高い問題集なのですが、解説もめちゃくちゃ丁寧なので最高です。難易度分けと目標解答時間も設けられていてよいです。問題量も多すぎず少なすぎずの途中で挫折しないちょうどいい感じなのでなおさらいいんですよ。名門の森と物理のエッセンスの著者は同じなので、考え方が統一されていて名門の森でわからないことがあっても物理のエッセンスで解決できます。この問題集をマスターできれば難関国公立の物理には太刀打ちできるようになるでしょう。

物理のエッセンスと名門の森の使い方と順番

高1・高2で時間があるなら学校の授業と並行して物理のエッセンスを活用して学校の授業内容を復習して物理のエッセンスにも簡易な問題があるのでそれを解いて理解を深める。⇒この段階では名門の森はする必要なし、まずは物理の公式などタダの暗記ではなく深く理解することが大事。その後、授業が全範囲を終えれば、その後に名門の森を解いて、間違えた問題にチェックを入れ、できるようになるまで何回も解きなおす。

 

高3で物理の勉強を始めて、時間がないっていう人は物理のエッセンスで分野ごとに集中して勉強⇒名門の森を使ってその集中して勉強した分野のアウトプットする。この繰り返しで全分野を行い間違えた問題はできるようになるまで何度も説いて解法の流れを覚える。

 

 

 

ちなみに河合塾シリーズの物理の参考書には良問の風という優しいレベルの問題集があるのですが、僕も受験生の時にやってみたのですが、成績向上に役立ったかと言われればそんな気はしないのでよっぽど時間があって暇っていう人ならやればいいと思いますが、する必要はないと思います。
←タップorクリックで商品リンクに飛びます

 

ぼくはこれらの方法を行い現役で旧帝大に合格しました。どの参考書もそうですが、何回も解きまくることが大事だと考えられます。もう、問題見れば解法が出てくるくらいまで(笑)

皆さんの受験がうまく成功することを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す