100%成績があがる化学のおすすめの参考書&順番&勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化学の勉強って何すればいいかわからない。。理論化学きらいだーーーーなんて思っている人も多いはず。今回、僕が紹介していくのは化学のおすすめの参考書と使い方について紹介していきたいと思います。

旧帝大化学専攻が思うおすすめの参考書!!

僕がおすすめするのは下の三つの参考書たちです。(クリック0rタップしたら商品リンクに飛びます)

全部おすすめなんですが、特に「鎌田の有機化学の講義」はマジでおすすめです!学校の授業って時間がないからぱぱぱってすごいスピードで進んでいって何が何だかわからない。。っていう人も多いはずです。ぼくはそうでした(笑)そこでこの参考書と出会ったぼくなんですが、何と言っても中身がいい感じに簡潔!!かつ、ちゃんと覚えておくべきところをわかりやすく書いてあります。プラスαの発展的なところもいい感じに取り扱ってあるんですよ。(いい感じを多用してすんません)

あとは説明の文は穴抜きになっていて試験前などに暗記チェックができる点もいいと思います。高校の勉強の基本はインプット→アウトプットの順序が基本となってくるので、穴抜きになっているのは非常にGOODです。さらには説明ページの後に例題があって、その学んだ知識が問題としてどのよう扱かわれるかわかります。

あと「福間の無機化学」は参考書の中身はもちろん絵とかが効果的に使われていていいのですが、もっといいのが付録です。

本体の最後らへんに青色の薄い付録の冊子がついているのですが、正直これがめちゃくちゃにいいです。これには化合物の特徴的な色やにおいなど覚えておくべきことがきれいにまとめられていてかつ、赤字で赤シートで消えるようになっているのもまたいいです。付録だけ売ってほしいレベルです(笑)

「鎌田の理論化学」は平衡がぼくがかなり苦手だったので使わしていただいていました。これに関しては特にこれがいいっていうのはなかったんですがほかにとても良い!っていう参考書がなかったのでこれをおすすめします。

たまに化学の新研究っていう、いかつい参考書を使おうとする人がいるのですがこれは東大・京大・東工大志望の人だけで十分だと思います。なので、阪大・東北大とかの旧帝大レベルなら必要ないです。たしかに情報量はやばいっくらいに豊富なんですが豊富すぎます。。。読んでいたら面白いですけどね(笑)

無機化学と有機化学の勉強する順番って変えてもいい??

たまに無機化学って暗記だけだから後回しにしてもいい?っていう人がいるんですが、ぼくは

理論⇒無機⇒有機 の順番に勉強することをおすすめしますね。

なぜかっていうと、有機化学にも若干無機化学のこの化合物がこんな匂いでこんな色をしているっていう知識を使うののでこの順番がいいです。

化学の勉強の仕方は?

正直、物理もそうなんですが知識をつけても使い方を知らないと意味がないと思います。なので、化学に時間がさけるのであれば、ちゃちゃっと受験範囲の内容を独学で終えてしまって演習問題を解きまくるに限ります。志望校が決まるまではいろんな大学の問題を解いていくべきなので学校で配られるセンサーとかの問題集を完璧にできるようになるまで何周もしましょう。志望校が決まり次第その志望校の出題傾向にあった勉強をしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す