アトキンス物理化学 10版 1A・3(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 1A・3(a)解答

体積一定なので、$$\frac{P}{T}=一定$$が成り立ちます。

ここで注意してほしいのがタイヤの内圧は、タイヤの圧力+外圧だということです。アトキンス物理化学は和訳されたものなので英語版だとこうしなければいけないのが分かるんですけど、日本語版だと伝わりにくいですね。。

温度変化後の圧力をP’として$$\frac{38.7}{268}=\frac{P’}{308}$$より、$$P’=44.5 lb*in^{-2}$$

タイヤの内圧=タイヤの圧力+外圧 なので

温度変化後のタイヤの圧力は\(30 lb*in^{-2}\)

アトキンス物理化学 1A・3(b)解答

体積一定なので、$$\frac{P}{T}=一定$$が成り立ちます。

変化後の圧力をP’として$$\frac{125}{298}=\frac{P’}{284}$$より

$$P’=119 kPa$$

必要な知識

体積一定では$$\frac{P}{T}=一定$$が成り立つこと。

以上です。お疲れさまでした。

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す