入学が9月に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはです。バラエティゆたか。です。

今日取り上げる話題は

「コロナの影響で入学時期が欧米などと同じ九月入学に変わる」

です。

これは各県の知事であったり教員の間で挙げられている意見だそうだ。

まずこの提案の目的を説明していく

ウイルスによる休校が長期化することで長期化が長引く地域とそうでない地域とで差がでる。そのため欧米がやっているように全国一律の九月入学にしてはどうかというもの。

 

 

九月入学にするメリットは

  • まず多くの国がそうしているため留学生を受け入れやすいし、留学しに行きやすくなる。
  • 従来の四月入学だと試験が冬にあるためインフルエンザなど流行しているときにする必要があるが九月入学ではその心配がないため。

次に

九月入学のデメリットは

  • 日本の社会全体が四月を基準にして動いているので学校のシステムを変えるだけではなく社会全体を動かさないといけない。
  • 肌寒い何とも言えない時期に卒業し桜が咲く時期に晴れて入学しするという四季に一致したイメージに一致しない。

以上がいろんなところで言われているメリット・デメリットなんですけど

どうでしょか?

僕としては反対なんですけど。

そもそも、遠隔で授業だってできるし、環境が整っていないという人もいるのもわかります。

けれども、勉強の基本は独学だと思います。教科書があれば勉強できるじゃないですか。

例えば頭がいい人たちがでもして配れば一人だって勉強できます。

あと、いま全国で様々な国がウイルスの陽性検査の開発をして、最近では長崎大学とキャノンの共同開発で25分で検査ができる機械が開発されたそうです。

それで陰性だった人だけが学校に登校していけばいいのでは?と思うのですが。。

たとえ陽性が出た人がいたとしても、完治したのちに補講を開いたりすればいいのではないかと思います。

先生の負担が多くなるのであれば大学生を雇えばいいのではないでしょうか?いま、多くの大学生がバイトもなくなり金銭的困窮が発生しています。

そこで大学生を雇って先生のカバーしきれない部分をサポートすればいいのではないのでしょうか?

これで双方の課題が解決できると思います。

 

以上が私の見解です。私はぎりぎりコロナの影響で高校生活がなくなってしまうことがありませんでしたが、いまの高校三年生は本当にかわいそうです。たまに中国の武漢のウイルス研究所からコロナウイルスは漏れたなんて話は聞くけど、もしほんとだとしたら中国は許せませんね。人に害を及ぼすウイルス研究を行っていたのに対しても腹立たしいし、ウイルス開発してたんならワクチンも開発しとけよ!なんても思いますね。まあうわさがほんとであればの話ですけど。。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す