IR法案ってぇ??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おっすおっす!バラエティゆたか。です!政治について19歳の the young が政治について書いていきやすね。

IR法案って何なん??

カジノのイメージありすぎて悪い印象しか持たないよね。。

マスコミなどではカジノ法案なんて言われているけど、IR(Intergranted Resort)法案は統合型リゾート(カジノとかの娯楽施設・飲食施設・商業施設・宿泊施設などを併設したエンターテインメント施設)を促進して地域経済活性化を狙う法案のこと。

今回はこの政府が出している小難しい法案をかんたーんにかみ砕いて説明していきますね。

目的

複合型リゾートを作ることで観光収入を増やし、地域経済を発展させ、財政の改善をしよう!っていうもの。

そもそも統合型リゾートとは何なの?(定義)

カジノ施設(ちゃんとカジノ管理委員会ってところの許可が下りた民間企業に運営されるものに限る)、レクリエーション施設(プール・遊園地とか)、展示施設、宿泊施設などの観光客を呼び込むのに有効とされる施設のかたまり。これは国が運営するのではなく民間企業が運営する。カジノ施設の規模に上限をつけて複合型施設全体が主体であるようにする。

考えられる危険性に対してとその対策

カジノを営業するにあたってやはりいくらかは社会への負の影響が懸念されていて、

  1. ギャンブル依存症
  2. 治安の悪化
  3. 青少年への悪影響
  4. 暴力団の関与

の4点がいま世間では懸念されているかんじだね

1のギャンブル依存症対策に関しては、

  • 入場規制として入場料の徴収(日本国籍の人に限る=観光客は無料)
  • 自己排除・家族排除プログラム(例えば、家族から「夫にもうカジノにはいかせないで」なんて要望があれば夫に入場規制が設けられるプログラムの導入。)
  • 依存症治療の体制を整える。
  • 週3回・月10回までの入場制限。

2の治安の悪化に関しては、

  • 暴力団の関与を防ぐためカジノ運営者とその関係者の経歴調査はもちろんのこと、透明感を持った選定を行う。
  • マネーロンダリング対策。

3の青少年への悪影響に関しては

  • 未成年者がカジノ施設に入場することは禁止して入場に当たってはマイナンバーカードを用いた年齢確認を行う
  • 学校教育でギャンブル依存症問題の教育を行うことで予防教育をおこなう。
  • 複合型リゾート施設外でのカジノの広告の掲示の禁止

マネーロンダリングとは

詐欺集団が詐欺によって手に入れた金をカジノで使う

カジノで負けてお金はカジノ側へその後お金は勝った人へ

勝った人が得たお金はカジノからもらったお金

ここで負けた人と勝った人がグルであったなら??→犯罪で手に入れたお金がカジノから得たお金になる→捕まった時に没収されなくなる! =お金の浄化

以上がIR法案についての簡単な説明です。世間ではあまりIR法案に対していい印象を持った人は少ないかもしれません。しかし、実際に法案をみてみるときちんと詰めて対策されており、評価はかなり変わると思います。完成すれば日本の経済をささえる柱の一つになるんではないでしょうか?また、入場料は外国人観光客には徴収しないというのも、観光客が優遇されているように考えられますが、ギャンブルの悪影響から考えて日本人を守る制度といっても過言ではないといえます。

以上がIR法案についてでした。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメントを残す