ひろゆき「長男の面白い人率が高い」ほんと??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

面白い話ができる人とそうでない人の差は育ってきた環境ですかね?

面白い発想ができる人の長男率めっちゃ高いです。

ひろゆきの根拠は

「長男は遊び相手がいなくて、自分が面白いことを見つけるしかないために何か変わったことをする。そのため、レア度が高い経験があるために面白いことができる。」

だそうです。

これは、ひろゆきの主観的な意見なので実際に日本の有名芸人の長男率を見てみるのがいいともいましたが、芸人みんながフリートークが上手なわけではないの

でこの中でも「松本人志のすべらない話」で優秀賞を取った人の長男率を見てみましょう。

これだと、僕が面白いという主観もないので公平かと…

MVS(Most valuable すべらない話)を取った人の一覧はこのサイトから

三谷幸喜一人っ子(実質長男)
GACKT姉が1人(長男だが実質次男?)
大悟姉が二人(実質末っ子)
稲田直樹不明
せいや長男
好井まさお不明
古館伊知郎姉が一人(長男だが実質次男?)
中居正広末っ子
春日俊彰長男
バカリズム長男
高橋茂雄次男
ほっしゃん。不明
千原ジュニア次男
陣内智則末っ子
塚地武雅長男
小藪和豊長男
ガダルカナル・タカたぶん次男
宮川大輔次男
兵頭大樹不明
勝俣州和長男
木村祐一次男
田村裕末っ子
後藤輝基末っ子
ケンドーコバヤシ末っ子
黒田有末っ子

長男率は26%ほどでした。末っ子も同程度でした。

長男が日本にどれほどいるのか、末っ子が日本にどれほどいるのかということにもよるが、

長男人数>末っ子人数

は自明であるから長男が面白い話を必ずしもできるわけではないと考えられる。

さらには、末っ子の面白い説というのも出てきそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す