アトキンス物理化学 10版 5E・1(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 5E・1(a)解答

溶媒の関連する活量aは$$a=\frac{p}{p^*}$$で表されるため、

物質Aの活量は$$a_A=\frac{250}{300}=0.83$$であり、活量係数は$$a=\gamma x$$で表されるので、$$0.833=\gamma 0.90$$ $$\gamma = 0.926 $$

ヘンリー定数が与えられている場合、溶質に関する活量は$$a=\frac{p_B}{K_B}$$の式を与えられ、物質Bの活量は$$a_B=\frac{25}{200}=0.125$$であり、Bの活量定数は$$\gamma =1.25$$

ここで、質量モル分率が与えられているので、質量モル濃度に着目した際の活量も一応考えると$$a=\gamma \frac{b}{b^\circ} \quad b^\circは1mol/kgのこと$$で表されるから、$$a_B=0.125\times \frac{2.22}{1}=0.28$$である。

アトキンス物理化学 5E・1(b)解答

I’m making now…

Please create your answer by making Question(a) as sample!

必要な知識

  • モル分率に着目した活量は$$a=\gamma x$$であり$$a=\frac{p}{p^*}$$
  • ヘンリー定数が与えられていた場合、溶質の活量は$$a=\frac{p}{K}$$で表される。
  • 質量モル分率に着目した活量は$$a=\gamma \frac{b}{b^\circ} \quad b^\circは1mol/kgのこと$$である。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す