アトキンス物理化学 10版 5A・11(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 5A・11(a)解答

(i)

前提知識として、ヘンリー定数の単位が\(kPa*kg/mol\)であるから、$$p=Kx$$の\(x\)は質量モル濃度である。

二酸化炭素の質量モル濃度を\(b_{CO_2}\)とすると$$b_{CO_2}=\frac{p_{CO_2}}{K_{CO_2}}=\frac{0.10\times 101.325}{3.01\times 10^3}=3.4\times 10^{-3}$$

(ii)

二酸化炭素の質量モル濃度を\(b_{CO_2}\)とすると$$b_{CO_2}=\frac{p_{CO_2}}{K_{CO_2}}=\frac{1.0\times 101.325}{3.01\times 10^3}=3.37\times 10^{-2}$$

アトキンス物理化学 5A・11(b)解答

making now…

必要な知識

ヘンリー定数の単位が\(kPa*kg/mol\)であるから、$$p=Kx$$の\(x\)は質量モル濃度である。

おつこれぇぇぃ。以上。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す