アトキンス物理化学 10版 4B・8(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 4B・8(a)解答

前の問題(4B・7(a)(b))と同様に、

$$lnp=-\frac{\Delta_{vap}H}{RT}+const$$

を用いて計算する。

と思ったら、憎きアトキンス…

ln→logになっているので変換する必要があるので

$$logp=-\frac{\Delta_{vap}H}{2.303RT}+const$$

(i)蒸発エンタルピー

$$\frac{\Delta_{vap}H}{2.303R}=1780$$

$$\Delta_{vap}H=1780\times 8.31\times 2.303=34.1 kJ/mol$$

(ii)通常沸点

そもそも通常沸点とは、大気圧(1atm=760Torr)での沸点のことであるので、

$$log760=7.960-\frac{1780}{T}$$

$$T=350.5 K$$

アトキンス物理化学 4B・8(b)解答

(i)蒸発エンタルピー

$$\frac{\Delta_{vap}H}{2.303R}=1625$$

$$\Delta_{vap}H=31.1 kJ/mol$$

(ii)通常沸点

$$log760=8.750-\frac{1625}{T}$$

$$T=277K$$

必要な知識

クラウジウス-クラペイロンの式

$$\frac{dlnp}{dT}=\frac{\Delta_{vap}H}{RT^2}$$

を知っておく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す