アトキンス物理化学 10版 4B・7(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 4B・7(a)解答

「クラウジウス-クラペイロンの式」より

$$\frac{dlnp}{dT}=\frac{\Delta_{vap}H}{RT^2}$$

である。これを積分範囲を\(p^*→p、T^*→T\)を計算すると

$$lnp-lnp^*=-\frac{\Delta_{vap}H}{R}(\frac{1}{T}-\frac{1}{T^*})$$

ある温度における蒸気圧を一つ知っていれば、

$$lnp=-\frac{\Delta_{vap}H}{RT}+const$$

と考えられるので、

問題文では、

$$lnp=16.255-\frac{2501.8}{T}$$

という式が与えられているので、

$$\frac{\Delta_{vap}H}{R}=2501.8$$

ということが分かるので、

$$\Delta_{vap}H=2501.8\times 8.31=20.8 kJ/mol$$

アトキンス物理化学 4B・7(b)解答

6(a)と同様に計算すると、

$$\frac{\Delta_{vap}H}{R}=3036.8$$

$$\frac{\Delta_{vap}H}=3036.8\times 8.31=25.2kJ/mol$$

必要な知識

クラウジウス-クラペイロンの式を知っておく必要があります。

$$\frac{dlnp}{dT}=\frac{\Delta_{vap}H}{RT^2}$$

お疲れ様でした😢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す