アトキンス物理化学 10版 4A・3(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 4A・3(a)解答

ギブスの相律は$$F=C-P+2$$の関係式があるから、(F:自由度,C:成分数,P:相の数)

二成分系ではC=2であるので、ギブスの相律の関係式は$$F=4-P$$となる。自由度は正の整数なので$$4-P \geq 0$$

これより最大の相の数は4ということが分かる。

アトキンス物理化学 4A・3(b)解答

ギブスの相律の関係式より$$F=C-P+2$$

今回の問題では、成分の数C=4であるから、$$F=6-P$$自由度は正の整数であるから最大の相の数は6である。

必要な知識

ギブスの相律の関係式は$$F=C-P+2$$

以上、お疲れ様でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す