アトキンス物理化学 10版 2A・6(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 2A・6(a)解答

(i)

$$w=-P\Delta V$$で仕事が計算できるので$$=200\times 133.3\times 3.3\times 10^{-3}=-88J$$

(ii)

可逆的に膨張をするとなると、(i)のように等圧になるとは限らないのでその時は公式として$$w=-nRT\frac{V_{2}}{V_{1}}$$となる。この導出は「アトキンス物理化学解答2A4(a)(b)」の書いたので参考にしてみてください。

$$w=-\frac{4.50}{16}\times 8.31\times 310 ln\frac{16}{12.7}=-167J$$

アトキンス物理化学 2A・6(a)解答

(i)

$$w=-7.7\times 2.5\times 10^{-3}=-19J$$

(ii)

$$w=-\frac{6.56}{39.95}8.31\times 305 \times ln\frac{21}{18.5}=-53J$$

必要な知識

可逆変化の場合の仕事のエネルギーを求める公式を理解しておく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

  1. おすし より:

    すごくいいサイトを見つけ、勉強に役立たせてもらってます!ほんとに感謝です!!
    2A.6(b)(ⅱ)で10^-3が一つ抜けてると思います。一応お伝えさせていただきました。

コメントを残す