アトキンス物理化学 10版 3D・2(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 3D・2(a)解答

ギブスエネルギーの温度変化の関係式は$$\frac{\partial G}{\partial T}_p=-S$$である。

終状態の下付き文字をf,始状態の下付き文字をiとすると$$\frac{\partial G_f}{\partial T}_p=-S_f$$ $$\frac{\partial G_i}{\partial T}_p=-S_f$$

ここで、エントロピー変化を考えると$$ΔS=S_f-S_i=-\frac{\partial G_f}{\partial T}_p+\frac{\partial G_i}{\partial T}_p$$ $$=-\frac{\partial ΔG}{\partial T}_p$$

この問題で与えられれたΔGの式を代入して考えると、

$$ΔS=-36.5J/K$$

アトキンス物理化学 3D・2(b)解答

2(a)と同様に考えると、$$ΔS=-\frac{\partial ΔG}{\partial T}_p$$で導けるので

$$ΔS=-42.8 [J/K]$$

必要な知識

化学熱力学の基本式である

$$dG=Vdp-SdT$$より、定圧条件下でギブスエネルギー温度変化を表す関係式は

$$\frac{\partial G}{\partial T}_p=-S$$

以上、お疲れ様です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す