アトキンス物理化学 10版 3A・11(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 3A・11(a)解答

アトキンス物理化学10版の相転移の分野に書いていることによると、相転移においては$$\Delta_{trs}S=\frac{\Delta_{trs}H}{T_{trs}}$$の関係式が与えられる。

よって、クロロホルムの蒸発エントロピーは$$\Delta_{trs}S=\frac{29.4\times 10^3}{334.88}=87.8J/K$$

相転移では二層の間は平衡関係にあるので、可逆的であるから、$$\Delta_{tot}S=0$$

$$\Delta_{外界}S=-87.8J/K$$

アトキンス物理化学 3A・11(b)解答

アトキンス物理化学10版の相転移の分野に書いていることによると、相転移においては$$\Delta_{trs}S=\frac{\Delta_{trs}H}{T_{trs}}$$の関係式が与えられる。

よって、クロロホルムの蒸発エントロピーは$$\Delta_{trs}S=\frac{35.27\times 10^3}{337.1}=105J/K$$

相転移では二層の間は平衡関係にあるので、可逆的であるから、$$\Delta_{tot}S=0$$

$$\Delta_{外界}S=-105J/K$$

必要な知識

相転移の場合、一般的に定圧なので$$q=\Delta H$$であるので

$$\Delta S=\frac{\Delta H}{T}$$である。

また、相転移の境界面は可逆反応であるから、全体のエントロピー変化は0である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す