アトキンス物理化学 10版 3A・1(a)&(b)の解答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アトキンス物理化学 3A・1(a)解答

孤立系のエントロピ―は自発的な変化で増加する。→乱雑さが増加。式で表すと、

$$\Delta S_{tot}>0$$

この式のエントロピーは、系と外界のエントロピーの和を表している。

よって、この問題では$$_Delta S_{tot}=0$$

つまり、この過程は自発的に起こらない。

アトキンス物理化学 3A・1(b)解答

この問題では、$$\Delta S_{tot}=105-95=10 J/K>0$$であるから、自発的な過程である。

必要な知識

孤立系のエントロピ―は自発的な変化で増加する。→乱雑さが増加。式で表すと、

$$\Delta S_{tot}>0$$

以上、お疲れさまでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。



コメント

コメントを残す